⽇本卸電⼒取引所(JEPX) 東北エリアプライス

全時間帯の平均単価 8~22時の平均単価 最安単価
13~16時の平均単価 最高単価
インバランス料金(制度)とは・・・・

安定した電気を過不足なく需要家に供給するためには需給の「同時同量」を守らなければなりませんが、小売電気事業者及び発電事業者は、再生可能エネルギーの発電量(太陽光発電や風力など)、天候の急激な変化、外気温の予測誤差、発電所等の急なトラブル等により、同時同量が達成できない場合があります。

このような場合、最終的に電力の需給調整の役割を担う一般送配電事業者が、自らの調整電源等を利用し、これら全ての調整を図ることで安定供給が維持されております。

この調整に係る費用を一般送配電事業者との間で精算するための仕組みがインバランス料金制度です。

現在のインバランス料金(単価)は、JEPXの1日前取引市場(スポット取引)と時間前市場の加重平均値に、全国の需給状況により調整されるα値を乗じ、一般送配電事業者毎のエリア価格の差異を調整するβ値を加えたものが、30分単位で一般送配電事業者ごとに決定されております。